もしもチャールズ・チャップリンが木材市場を運営したら

チャールズ・チャップリンが木材市場を運営する場合は、反ファシズムと社会主義的で多様性を認めた市場展開が期待されます。具体的には、現在の木材市場は低コスト化による実用重視になっていますが、これが低コストで高級感のある木材商品も市場に出回るようになったり、少数派の意見も参照して作られた製品も開発されるようになるのです。特に多様性を重んじるチャールズ・チャップリンは、木材市場の運営における古い考え方や凝り固まった業務などを刷新することができるでしょう。林業の業界では若者を中心としていますが、薄給での重労働を強いられており30代から40代での離職を余儀なくされることも多いです。特に外国人労働者を認めようとしない結果、日本の木材市場は東南アジアや中国を中心に生産数や売上などで押されています。この多様性を軽んじる日本の木材市場を変革させるためには、チャールズ・チャップリンのような多様性を第一に考える方が市場を運営することによって解決することができるでしょう。特に木材市場においては女性従業員の方が限られています。現場で作業をする従業員の殆どは男性で、女性の従業員は限られているので男女差別も訴えられている程です。この状態を緩和させるためにも、多様性を重視するチャールズ・チャップリンを市場で企業を運営させたほうが良いでしょう。女性従業員の数が増えていけば、日本の林業を中心に発生している人手不足問題を解決することができます。それだけでなく、雇用条件の緩和によって外国人労働者も参入しやすくなります。結果的に日本の木材市場は生産高と売上を向上させることができるようになり、もともとの木材のブランドを意識してアピールすることによって中国や東南アジアなどの市場を奪還することができるのです。更にブランドの木材は富裕層を中心に幅広いシェアを手に入れることができるでしょう。チャールズ・チャップリンが市場を運営することで、日本の技術力を最大限にPRすることができるのです。