もしもジョージ・オーウェルが木材市場を運営したら

ジョージ・オーウェルは、植民地時代のインドに生まれた反ファシズムや反ファシストの思想家でもあります。彼が木材市場を運営することになった場合は、徹底した社会主義思想による従業員の手厚い保護によって人的資源の確保と保護の充実化を推進していくことになるでしょう。木材市場の現状は、末端の従業員が過酷な労働を強いられているので劣悪とも言えます。ジョージ・オーウェルはこのような現状を解決するように、従業員の給与や待遇などを一元化するように推進していくのです。結果的に人的資源の流出を徹底することができるようになります。しかし日本では社会主義による政策はすでに失敗している経験があることから、単純に社会主義一色の政策によって木材市場を運営することになったとしても市場からの信頼を手に入れることはできないでしょう。現代の資本主義社会に対抗する斬新な会社組織の運営を徹底することができれば、従業員の確保が可能になるだけでなく一定の信頼を手に入れることができます。またジョージ・オーウェルは活動家やジャーナリストとしても優秀です。特に木材市場で発生している問題点や課題についてもマスメディアを通じて世論を動かすこともできます。結果的に木材市場を自分の良い方向に持っていくプロパガンダも可能になるでしょう。だからジョージ・オーウェルが優秀な技術者や開発者と手を組むことによって、木材市場の拡大を行うことも可能になるのです。以上の点からジョージ・オーウェルが木材市場を運営することになった場合は、ジャーナリストとしての手腕を活用してのプロパガンダだけでなく、末端の従業員の抱え得ている問題を写実的にアピールして世論を動かすことができます。結果的に木材市場の社会主義化と人的資源流出の防止を図ることができるのです。それだけでなく、市場の問題点を把握して世間にアピールできるので腐敗した市場の環境を改善することもできるでしょう。