もしもブライアンジョーンズが木材市場を運営したら

ブライアンジョーンズ氏は、ミック・ジャガー氏をリードヴォーカルとするイギリスのロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」の元ギタリスト兼リーダーであり、彼が材木市場を運営したらマホガニーやチーク及びウォールナットの世界3大銘木に加えてローズウッドやメイプルなどギターの素材となる木材を買い占めてしまうかもしれません。彼は、独占したギターの素材を使って自分独自のデザインのギターを製造販売し、ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」の人気をさらに高めます。
ブライアンジョーンズ氏は、世界的な人気を誇るロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」の元ギタリスト兼リーダーであるだけで無く、人類全体の2%しか存在しないとされると天才が所属するメンサに加入可能なIQ135を有する天才としても知られる人物です。その為、ギターだけで無くサックスやピアノに加え、マリンバやシタールなどの珍しい楽器をロックに取り入れた豊かな音楽性を示しています。その為、彼が材木市場を運営したならば天才的な頭脳で世界の相場を的確に読むと同時に将来的な値動きも予測して大きな取引を幾つも成立させると考えられ、ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」に所属しているよりも大きな利益を生み出す事が可能な人物です。しかし、1967年5月に大麻所持で逮捕されると共に禁固刑に処されながらも翌年5月に再び大麻所持で逮捕されており、天才的な頭脳を有しながらも自分を律する精神的な強さが欠けている人物でもあります。もし、彼が材木市場を運営し続けていたなら精神面の弱さから違法薬物やギャンブルなどに手を出してしまい仲間から見放される事態を招く可能性が高く、最終的には孤立しやすい天才肌が示す様に木材市場を運営する会社から追い出されると思います。ブライアンジョーンズ氏は、結果的に自分の存在理由や居場所を喪失してしまい、現実の様に悲劇を招いてしまう可能性が高い人物です。

 

トップへ戻る