もしもヘレンケラーが木材市場を運営したら

ヘレンケラーが木材市場を運営した場合には、非常に効率的に運営を行うと考えられる面があります。彼女は様々な面において優れた才能を発揮しており、状況を見きわめ効率的に進めるというイメージが有る為です。現在のような木材の需要が少ない状況になっている場合でも、様々なアイディアを出して難局を乗り切ると考えられる面があります。
しかし、ヘレンケラーは盲目で耳が聞こえない、言葉を正確に話すことができないという受胎であることから、情報を適切に入手する方法を持っていないという問題があり、これを補うために彼女の耳となり目となる優秀な側近が必要になってきます。その人物が適切に情報を収集するとともに、彼女の考えを効率的に周囲に伝えなければならないため、そのような人物が必要になるという条件が発生します。これはヘレンケラーがどれだけ優秀でも情報を適切に得ることができなければ誤った情報により誤った判断をしてしまうリスクを持っており、これが円滑な経営を行う上で重大な障壁となってしまう恐れが有るのです。
しかし、現代の木材市場においては様々な状況の変化が発生するため、その状況を把握するのは健常者であっても非常に難しい問題を抱えてしまうことが少なくありません。また、組織においてはそれぞれの作業の分担が発生するために第三者の情報を利用して様々な事柄を判断する事が多いため、ヘレンケラーの様に目が見えない、耳が聞こえないという状況でなくても判断を誤ってしまうことが多いので注意をしなければならないのです。その点ではヘレンケラーでなくても周囲の情報の集め方を誤ると判断を誤ってしまうことになるのです。
その点ではヘレンケラーの様に適切な判断をする事ができ、また行動力があれば効果的な判断を行う事ができる優秀な経営者となることができる可能性が高いと考えられます。さらに、現状に満足しない斬新な経営を行う可能性も高いと考えられるのです。