もしもモーツァルトが木材市場を運営したら

芸術を愛するモーツァルトが木材市場を運営することになった場合は、実用性よりもデザインを重視した商品を展開することになるでしょう。特に木材の加工関係の市場に介入し、市場規模を拡大していく可能性が高いです。特に中世のヨーロッパは現代とは違って実用性よりも豪華絢爛できらびやかな木材家具を良しとしていたので、その傾向に習います。ただし、モーツァルトは一般人の考えているものとは違って、常に独創的なデザインを提供するでしょう。例えば、すべての人がモーツァルトの作った木材製品を凝視するぐらいのものを作るはずです。むしろ、モーツァルトが木材市場に介入したことによって市場の全体が生活に彩りを与えるデザイン性の高い製品が増えていく可能性が高いです。木材市場全体が実用重視からデザイン重視の考え方に変わっていく可能性があります。もちろん、モーツァルトは作曲家としても神童と呼ばれたぐらいの天才なので、インターネットやSNSなどでも評価されます。最近では写真を投稿するサイトなどが若者間で流行しており、若者を中心に人気が高まることが多いです。しかし、実用性よりもデザインを重視した木材市場の展開は長期的に運用する際には足かせになってしまう可能性が高いです。特に顧客目線で考える能力がモーツァルトには備わっていないので、常に独創的な商品を展開しては、大量の不良在庫を抱えてしまう可能性があります。この問題を解決するためには、適切な場所に売り込む必要があるのです。例えば富裕層を中心にデザイン性の高い家具や木材製品を販売することによって収益を手に入れることができます。中国やアジア、中東の富裕層であればモーツァルトのブランドを好んで購入する可能性が高いです。それだけでなく、オークションなどでも高値で取引されるでしょう。以上の点からモーツァルトが木材市場を運営することになった場合は、富裕層をターゲットとした高級な木材製品の展開を行っていく可能性があります。