もしも百田尚樹氏が木材市場を運営したら

百田尚樹は永遠の0などの戦争小説などを作った表現力に富んだ方です。そのような方が木材市場を運営することになった場合は、非常に卓越したプロデュース力によって市場を占拠する可能性が高いです。ただし、百田尚樹はかなり過激な発言をすることでも有名で、特に反対派や少数派の意見を無視した発言は何らかの問題を引き起こしてしまう可能性があります。例えば、木材市場における少数派であるデザイン性や富裕層をターゲットにした企業や組織に対して攻撃的な発言をする可能性があるのです。このようなことが頻繁に発生した場合は木材市場全体での内輪もめに発展してしまう可能性があります。結果的に木材市場を混乱に陥れる可能性があるのです。しかし、百田尚樹の発言に対して一定層の支持者が存在します。彼らが存在する限り、百田尚樹は木材市場からの撤退はありえないでしょう。それだけでなく、百田尚樹は日本の木材市場の繁栄と再生を考えていくことに関しては優れていると言えるのです。最近では日本の木材市場が衰退していき、外国人労働者の参入によって更に日本人の従業員が減少している傾向があります。このような問題を防ぐために、百田尚樹は日本人だけで構成された木材市場を目指していく可能性があります。特に、日本人だけで構成された市場は言葉の壁が存在せず、内部の不正や癒着などをすぐに見抜くことができます。株式を海外の会社に売却されないように適切な保護政策も進めていく可能性もあるでしょう。木材や林業の会社や組織は百田尚樹によって適切に保護され、安定した市場が出来上がる可能性もあるのです。以上の点から百田尚樹が市場を運営することになった場合は、市場全体にはびこっている不正や癒着などを正して、市場全体の健全化を中心に行動を起こしていく可能性が高いです。特に日本の市場が健全化されれば日本社会全体の経済が再生され、若者や失業者の終了支援まで適切に行われるようになるでしょう。