もしも西郷隆盛が木材市場を運営したら

西郷隆盛が木材市場を運営したとすれば、まずは多くの企業と提携をしていき互いに協力しあって成長していく戦略を取ることが予想されます。
薩長同盟を成し遂げた人物であり、仲の悪い強国を結びつけた手腕は木材市場でも発揮されることでしょう。
違うところは木材市場は縮小傾向にあり、ジリ貧であることから弱い者同士が結びつくところにあるわけですが、むしろこの点は互いに助けを求めている状況だけあって、上手く行きやすい部分だと言えます。

 

互いにそれなりの地位を確立していると面子がありますから反発をし合うこともありますが、現在の木材市場では業界全体で足並みをそろえて行かなければ、厳しい現状を乗り切ることができません。
そこで西郷隆盛はリーダーシップを発揮して、体力のない者同士をくっつけて今の時代を乗り切ろうと画策してくれることです。
自分だけがいい思いをすればいいというのではなく、業界全体を考えて行動するのが西郷隆盛のやり方になるわけですが、新しい業界の基盤を作るために新たな試みをしてくれることも期待される部分となります。
新政府を立ち上げるに当たって、様々な政策を実行しただけあっても木材市場の運営をするにしても、革新的な取り組みをしてくれることでしょう。
今の木材市場は新しいことをしようと思っても余裕がなく実行ができない部分があり、リスクを取りづらい現状となっています。
しかし、新たな取組をせずに今のまま行けば遠くない未来ににっちもさっちも行かなくなってしまうのは、目に見えています。
このまま何もせずに終わってしまうよりは、ぎりぎり動くことができる最後の段階で行動を移すことが重要であり、先見の明がある西郷隆盛は厳しい現状の中で、生き残る新たな方法を模索してくれるに違いありません。
日本史の中で偉大な功績を残した西郷隆盛と言えども、木材市場を運営していくのは容易なことではありませんが、偉人らしく考えもつかない運営をしていくことでしょう。