もしもサザエさんが木材市場を運営したら

サザエさんは人脈が広く、瞬時に判断を下す事ができる上に迅速に行動に移す事もできるという性格上の強みを有しているため、産業の中で指揮を執る経営者に適している人柄をしています。
そのため、今日では後継者不足などが懸念材料になっている木材市場において、速やかに打破するための具体的な行動を計画し移す事ができます。
実はこうした迅速に行動に移しつつ、変更すべき点が見つかった際には行動しつつ臨機応変に変更点を変更していくという動き方は、IT企業がひしめき合うシリコンバレーで見られるシリコンバレー式の働き方と共通しています。
日本の企業では新規プロジェクトの立ち上げを行う際、現場のプロジェクトチームが大まかな企画を考案し、上司に会議でプレゼンを行う前段階で完成形にしてから上司にプレゼンし、上司の承諾が得られると上司がさらに上層部にプレゼンをするという流れが行われています。
一方、シリコンバレーでは日本の企業で行われている上司や上層部へのプレゼンが一切無く、現場のプロジェクトチームが思い立ったタイミングで開発に着手していき、まだ完成していない段階からローンチさせ公開しながら寄せられる意見をフィードバックしていくという動き方が一般的です。
このような動きつつ必要に応じて軌道修正していく動き方はサザエさんそのものであり、人手不足を可能な限り早く解消する必要性がある木材市場では非常に重要性が高いポイントです。
また、サザエさんは年齢が離れている姉弟や両親と生活をしている事に加え、自らも子供を育て近所付き合いも欠かさず行い良好な関係性を築いており、大変人付き合いが上手く人脈作りに長けています。
木材市場は建築資材や工業製品、燃料など木材であるが故に各所から需要が高いため幅広い市場と太いパイプを有しておく必要性がありますし、取引関係にあるのは国内に限らず輸出先となる海外も例外ではありません。
外国人が得意としている迅速な判断を下すという強みを有しているからこそ、サザエさんが木材市場を運営するとさらなる成長と共に安定運営が行えます。