もしも高橋はるみ氏(北海道知事)が木材市場を運営したら

高橋はるみ氏は強いリーダーシップを持っているため、行政の組織を1つに纏め上げ掲げた目標に向かって突き進んでいく事はもとより、外部の民間企業も含めて1つに纏め上げ慎重でありつつも猛進していく事ができます。
そのため、需要が高い木材を取り扱う木材市場を高橋はるみ氏が運営すると林業従事者による現場での伐採に限らず、伐採した木材を使用して生み出される建材や家具といった加工品に至る産業まで一貫して管理が可能になります。
しかも、高橋はるみ氏は北海道知事として業務に従事していますが、国政とも太いパイプを有しているため北海道で得た優れた木材を道内で使用するだけではなく、積極的に道外へも展開し唯一無二の良質な木材を周知させる事が可能です。
実際に高橋はるみ氏が有している高いアプローチの能力により、都心部をはじめとする全国各地で北海道物産展が高い頻度で行われていたり、テナントとして常設されている事例もあるため、北海道物産展と同様に木材を展示し関係各位に目視確認して頂き需要増に繋げるという展開方法も行われます。
そして、伐採した木材を使用するためには加工場や保管場所に運搬する必要がありますが、木材は1つあたりの大きさが大きいため従来のトレーラートラックで1度に運搬できる量はさほど多くなく、比較的道幅が狭い道をルートに選定する事ができないので、木材市場の刷新を図るためには新たなる運搬方法を講じる必要性があります。
そこで手腕を発揮するのが高橋はるみ氏が道政を運営している事により培ったものであり、環境改善が急務とされていた鉄道路線をより良い運営状況に改善させられたという実績からもわかるように、鉄道路線の有効活用にも高い脳力を有しているため、新たなる木材の運搬方法としてより一層貨物列車が用いられるようになりますし、従来のトレーラートラックとの兼ね合いも効率的にし、短時間で多くの輸送が行えるようにできます。
さらに、最低賃金と雇用率を高めた実績のより木材市場の雇用環境を一層良好にさせられます。