もしも村井嘉浩氏(宮城県知事)が木材市場を運営したら

木材市場の運営には、自然環境の保護や適切な維持と管理が必要になります。むやみに森林資源を伐採することは、自然環境を破壊し木材市場の運営を困難なものとしてしまうことがデメリットです、木材市場の経営には、商品として木材の販売などをしなければ成り立ちません。多くの利益を出すためには、商品となる木材をたくさん用意することが必要となります。多くの森林資源のある日本では、木材は身近にあると考えがちになってしまうのがデメリットです。身近にある木々を大切にしなければ、森林資源はすぐに枯渇状態になってしまいます。現在の経営だけを考えていては、木材市場の将来的な発展を望むことができません。自然環境を状態を適切に判断することができなければ、優れた商品としての木材の提供ができなくなります。村井嘉浩さんは宮城県知事になる前は、県議会議員として働いてきました。宮城県の自然環境を知っているので、自然破壊をすることなく木材市場の運営をしていくことが可能です。優れた商品を生み出すためには、質の良い木材を生育することが必要不可欠なことになります。木々の健全な生育のためには、むやみな開発などをしていては不可能なことです。宮城県知事として県の運営に関わっているため、自然環境の破壊を伴う開発などを避けることもできます。自然環境を適切に管理することができれば、質の良い木材を将来にわたり継続的に生産することが可能です。木材市場の健全な運営には、今だけではなく未来まで見通して計画を立てなければいけません。宮城県知事だけではなく県議会議員の立場で活動をしてきているため、将来的な構想を多くの人々と話し合うことができます。多くの人と対話をしていくことで、必要な商品を見つけ出すことが可能です。要望の多い商品を開発することができれば、木材市場の運営は安定させることができます。多くの県民と対話をしながら活動をしている村井嘉浩さんが木材市場の運営にかかわることは、将来的なメリットを大きくすることが可能です。