もしも鈴木栄治氏(千葉県知事)が木材市場を運営したら

鈴木栄治は外国人参政権の反対や、原子力発電所の即時稼働停止については消極的な見解を持っていることから、急な変革や日本人を保護する政策を行っている点で他の政治家と異なっています。これらを木材市場の運営に当てはめると、外国人労働者の介入や木材のアジアや中東諸国などへの展開を推進するべきではないという身長な考え方を持っている可能性が高いです。結果的に鈴木栄治が木材市場を運営した場合は、日本人のための市場運営を徹底していく可能性が高いでしょう。特に現在問題になっている林業の人手不足の問題については外国人労働者の参入によって、解決するという意見が多数ではありますが、長期的に考えれば日本の林業を外国に掌握されてしまう問題も抱えているので外国人労働者の参入については慎重になります。他にも、日本の木材を中国や東南アジア中東諸国などへの輸出に関しても慎重な姿勢を崩さないでしょう。特に中東諸国は、これまでの石油政策が通用しなくなってきているので、高品質な日本の木材が売れない可能性も出てきます。結果的に不良在庫を大量に抱えてしまう可能性もあるので国外への輸出についても大胆な行動を起こすことは少ないです。国内の林業の人手不足を解消させるために、まずは日本の失業者や働いていない、もしくは働くことができない方向けに積極的な支援政策を行うでしょう。千葉県を中心に失業者が多い地域に、なるべく条件を緩和した状態で林業への参加を推進していく可能性が高いです。これにより千葉県内の失業者は職を手に入れ、街の治安は改善されるでしょう。輸出をしないことによって内需が増大していき市場に出回る商品も安価になっていきます。木材市場の運営を鈴木栄治が行うと、これまでの日本の伝統であった林業をそのまま残した状態で、市場の活性化が期待できるのです。もちろん、これまで通りの木材の販売では需要が拡大しない可能性もあるので、県外にも販売していきます。

 

トップへ戻る