もしも西川一誠氏(福井県知事)が木材市場を運営したら

西川一誠氏は福井県知事として現在5期目の活動を行っており、地元から非常に信頼される地域としての活躍をしている人物です。その一環した姿勢と行動力には多くの県民が共感しており、県民からの信頼も非常に厚い人物として知られています。地元の首長として地元のことを最優先に考えた活動を行っており、そのためには国に対しても強く意見を言ったり、国の活動が地元に不利益を与えると考えた場合にはこれに強硬に反対するといった姿勢を貫いていることも非常に信頼される要因となっているのです。
西川一誠氏の活躍の中で特に大きなものは、現在様々な地域で効果的に行われているふるさと納税制度を発案した人物であると言う点と、東日本大震災による福島第一原発の事故を受け福井県内の原子力発電所の再稼働に関して非常に強硬な反対姿勢を貫いていると言う点です。ふるさと納税は地元に利益を誘導し地元の活性化を行う上で非常に有効な方法であり、また原発再稼働に対する反対は福島原発で発生した問題が現在でも未解決の状態のままで強硬に再稼働を進めようとする政府に対して非常に強い姿勢で抗うものであり、自らの仕事で何が大切であるかを十分に認識していると考えられるのです。
西川一誠氏が木材市場を運営した場合には、様々な問題点を見直して運営の健全化のために障壁となるものに関しては積極的に排除し、また効果があると判断されたものに関しては周囲の反対があってもこれを説得し推し進めるものと考えられます。しかし、常に最適な判断をするためにはさまざまな情報を精査し西川一誠氏が的確な判断を行うための材料を提供する優秀な側近がいることが大きな前提と考えられます。十分に検討した上での改善策であれば、周囲が反対をしてもこれを進めようとするバイタリティを感じる人物であると推測され、これらの条件が整えば現場の木材市場の課題を出し健全な運営をすることができると考えられる人物となっているのです。現在の木材市場の問題は非常に複雑化しており、まずはこれをシンプルに整理することが重要となるため、この作業を行い木材市場を活性化するには非常に適した人であると思われます。