もしも西脇隆俊氏(京都府知事)が木材市場を運営したら

西脇隆俊は安全で安心できる京都を作るために奔走している京都府知事です。彼は東京大学の法学部を卒業したエリートなので、木材市場の運営に参入することになった場合は末端の働いている従業員を中心に保護政策を徹底することが予想されます。特に、安全と安心な街づくりを重視していることから、一方的な森林の伐採や植樹を無視した業務の履行などを行う可能性は少ないでしょう。特に最近では一部の林業事業者の一方的な森林の伐採で、豪雨災害時に土砂崩れが発生するなどの問題が発生しています。森林の伐採によって発生する土砂崩れは市民を危険にさらしてしまうことになるので、安全と安心を守る政策を徹底している西脇隆俊は、そのような事業は行わないと考えられます。それだけでなく、最近では木材の不適切な管理によって粗悪な製品が建築業界に流通している問題もあります。粗悪な木材が住宅に使用され、地震発生時に劣化した木材が損傷してしまい、倒壊してしまう可能性もあるのです。西脇隆俊はこのような不適切な管理や粗悪な木材の流通についても、断固とした態度で阻止します。生活する人すべてが安全で安心を享受できるようにするためにも、まずは生活に基盤になる住宅に使用されている木材の品質を重視していくのです。結果的に西脇隆俊が木材市場を運営することになれば、高品質な木材が市場に出回り、誰もが安心して利用できます。西脇隆俊が作った高品質なブランドは全世界に輸出されていき、安全性の高さから同じく地震が頻繁に発生している東南アジア諸国やオセアニア地域、南アメリカなどにも販売されていくでしょう。もちろん、木材を伐採したあとは適切な植樹により森林の再生も徹底していきます。緑が増えることによって大気中の二酸化炭素は減少していき、空気も浄化されていくので市民は快適に生活することができるのです。これがモデルケースになり、木材市場全体に影響を及ぼしていくでしょう。

 

トップへ戻る