もしも達増拓也氏(岩手県知事)が木材市場を運営したら

マイホームである一戸建て住宅やアパート、マンションや公共施設などの建築が相次ぎ、日本は90年代にピークを迎えるまで高度経済成長時代から長年にわたり国内で木材の需要が高い状況が続いていましたが、ピークを過ぎた今日では需要に落ち着きが見られ必然的に木材市場も同様の様相です。
全く新築物件が建てられなくなるわけではないですし、維持やメンテナンスにより今後も一定の需要で推移していきますが、少子高齢化による人口減少も相まって一定の需要が小さなものになっていく事は想像に難しくありません。
そこで、一定の需要を高く維持し続け尚且つ90年代のピーク時の需要を再び木材市場に取り戻すためには、海外に目を向ける事が必要不可欠になります。
海外に日本を周知させるためには様々な術が行われていますが、中でも日本らしさが感じられるとして人気が高く注目されているのがアニメ文化や漫画文化であり、日本としてもクールジャパンという戦略を組み注力しています。
つまり、海外を意識した木材市場の運営を行うためにはアニメ文化や漫画文化に精通している上に、海外とも深く関わりがある逸材を要する事になりますが、全ての条件を兼ねているのが岩手県知事として活躍している達増拓也氏です。
達増拓也氏の人柄に関しては度々ウェブメディアでも特集されるほど唯一無二なものであり、その理由はアニメ文化と漫画文化に精通している事に加え、自らがSNSをはじめとするインターネット上にインターネットで充実した気持ちになる事が自身の基本方針であると公表しているためです。
世界の垣根を超えて瞬時に情報発信が行えるSNSを使いこなしているというのは、木材市場を世界的にするために即戦力になりますし、海外に多く存在しているアニメ文化や漫画文化を好んでいる方々に対しても、達増拓也氏を通して周知させる事ができます。
さらに、有名漫画家が達増拓也氏のために書き下ろしのイラストを贈るほど漫画家とも深い関係にあるので、世界的に有名なキャラクターともタッグを組み木材市場を運営しアプローチしていけます。

 

トップへ戻る