もしも佐竹敬久氏(秋田県知事)が木材市場を運営したら

現代のあらゆる産業では人材育成とインターネットやAIの活用、ECサイトでの新たなるアプローチが欠かす事ができない状況になっていますが、全てを網羅し政策を行っているのが佐竹敬久氏です。
全国規模で定期的に行われている全国学力テストで常に上位に位置している様子からも見て取れるように、佐竹敬久氏によって行われている後世を担う人材育成は特に高い効果があり、各方面で重要ポストに就いている方々は秋田県出身という人材が多いです。
そのような人を育てる能力を高く持っている佐竹敬久氏が木材市場を運営すると、より良い木々を得るために必要な知識と技術を習得する方法が円滑かつ効率的に学べるようになり、得られる木々に乱れが無く総合的に良質な木々が揃うため、卸先の企業からの評価も高められ木材市場の評判が高い状態を維持できます。
また、木材市場で職人のレベルにまで達するまでには長い年月と経験を必要とするため、人口が減少が顕著になっている木材市場では一度に多くの人材を確保する事ができたとしても、職人のレベルまで到達するまでには時間を要しますが、佐竹敬久氏が得意としているAIの活用を導入すれば、たとえ木材市場に参入して間もない方でも、まるで職人のようにより良い木材を選び伐採する事が実現可能です。
そして、佐竹敬久氏は浮上した問題については捻り出したアイディアで対処していくという理念を持っているため、着地点を決めた上で紐づけをするようにして、解決策を見出していくというアプローチをしていく特徴があります。
そのため、木材市場を活発にするためには木材を使用する場面が高められると良いという事になるので、外装や内装に木材をふんだんに使用した建物を建て需要を高めるという手法を行います。
さらに、建てる建物は魅力的な書店などにすると県内外から多くの人々が訪れて地域の魅力に気付き木材市場に興味関心を抱いて参加する方が増えるため、尚一層木材市場が活気付きます。

 

トップへ戻る