もしも内堀雅雄氏(福島県知事)が木材市場を運営したら

内堀雅雄は東京大学の経済学部を卒業し、会津鉄道株式会社の会長でもあります。そして、先の東日本大震災によって発生した福島原子力発電所の爆発事故の現状を現場で確認した関係者でもあるのです。だから内堀雅雄が木材市場の運営を始めた場合は、市民の安全性を確保しつつ、経済面での適切な運営が期待できるでしょう。特に周辺市民の安全を脅かす低品質な木材に関しては、厳しい対応を徹底していく可能性が高いです。例えば、一部の企業が採取した木材は生育していない木材を伐採しているので、森林の保護を無視しているだけでなく低品質な木材を市場に流通させています。更に無差別的に森林を伐採することによって、土砂崩れや災害の規模が拡大してしまうなどの問題も抱えてしまうのです。だから内堀雅雄はこのような企業に対しては具体的な罰則を含めて規制を強化していく可能性が高いでしょう。特に安全な福島をアピールするためにも品質の高い木材を徹底して市場に供給できるように尽力していきます。木材市場全体の健全化についても徹底した対応が期待できます。末端の従業員は重労働を強いられており、離職率が高いだけでなく林業への就労を希望する若者も少ないです。特に福島では地方を中心に過疎化が進行しており、林業の従業員として重要な若い世代の確保も難しくなってきています。この問題を解決するためには、市民が安心して生活できる福島県を作ることで対応していくでしょう。若者を中心とした政策を徹底して木材市場を運営することで、人材の確保が可能になるだけでなく、福島県全体の経済を発展させることも可能になるのです。もちろん、地方での残留を希望する若者が増えるように内堀雅雄が積極的に動画共有サイトなどを使用してPRしていくでしょう。活性化された福島県の木材市場はやがて東北を中心に全国に広がっていき、いずれは海外への輸出も考えられます。内堀雅雄が木材市場を運営することで安全な福島が実現されるだけでなく木材市場全体の健全化も期待できるのです。