もしも大井川和彦氏(茨城県知事)が木材市場を運営したら

大井川和彦氏が木材市場を運営した場合には様々な形に関する知識を生かして効率的な販売戦略や経営戦略を打ち出すことが予測されるため、状況が整えば非常に良い方向に進むと考えられます。その理由は大井川和彦氏が経済産業省での業務経験を長く持っており、また東京大学法学部卒業で、ワシントン大学ロースクールでも国際法を勉強していることから、効率的な知識も十分に持っていることが考えられ様々なルールを駆使しながら効率的な形に導くと推測されるためです。
大井川和彦氏は現職の茨城県知事であり、2017年に初当選をした際にはこれまで長く続いた前任者に選挙で勝利して就任したと言う形を持っています。現職の知事に初出馬で勝利した知事は58年ぶりと言うこともあり、その選挙に対する分析能力や戦略は非常に卓越したものがあると評価されるのです。そのため木材市場の運営を行った場合にも様々な状況を十分に分析した上で、効果的な運営を行うと期待できるものとなっています。
木材市場は様々な問題を抱えており、自然保護の観点から十分な木材を伐採することができないことや、地球環境の変化により木造建築が減少し様々な新素材の建築方法に変化をする兆しがあること、また高級な希少性の高い木材ばかりがもてはやされその他の木材は非常に安い価格で取引される方向にあることなど課題が非常に多い状況となっています。その中でこれらの問題を改善し効率的に運営するためには、一つ一つの問題を根気よく解決し全体として効果的な方法に導く必要があるため、これまでの大井川和彦氏の経歴と行動力で十分対応できると思われる側面があるものの、ビジネスとして効率的に進めるためにはその経験が浅いと考えられる面もあるのです。
大井川和彦氏のビジネスを進める上での才覚は未知数であるため、十分な運営に関するサポートが得られれば成功する確率が高いと考えられますが、そうでない場合には非常に苦しい運営を強いられる危険性もあります。