もしも上田清司氏(埼玉県知事)が木材市場を運営したら

今日では地域活性化が国レベルで行われているように、ローカルな地域が有している高いポテンシャルを無駄にせず最大限に引き立てるアプローチが徹底されていますが、全国的に見ても取り分けてローカルな地域を活性化する事に長けた能力を持っているのが、埼玉県知事の上田清司氏です。
多岐にわたり通用する高い能力を持つ上田清司氏において、群を抜いているのが民間企業を誘致するための能力が極めて高い事と数字に強い事です。
木材市場は伐採地として指定されている森林にて林業従事者がチェーンソーを用いて伐採し、建機を使用してトラックに積み込み運搬しますが、当然の事ながら伐採し運搬した後は製品に仕立てるべく加工を施し、使用用途により施された加工品を使い製品化をしたり、販売をするという流れで成立しています。
そのため、木材市場は潤沢な木々が育成されている森林があれば成立するというわけではなく、加工を施すための企業や製品販売をするための企業の存在が必要不可欠となり、企業の手配が行えないとたとえ品質が良い木材を豊富に得る事ができたとしても用いる事ができなくなり、結果的木材市場の衰退に繋がってしまいます。
そこで企業誘致という観点も同時に抜かりなく進めていく事ができるのが企業誘致を得意にしている上田清司氏の存在であり、上田清司氏の手にかかれば木材市場と共に企業にとっても良い恩恵に授かれるウインウインの関係が築き上げられます。
ウインウインの関係を築く上で上田清司氏が手がけているのは、各企業により差異がある要望を詳細に汲み取り、フィードバックした上で環境整備を行う事です。
一言で木材市場に企業が参入するとは言っても、加工場や加工した木材を使用して製品を手がける企業では求める要望が異なるため、用地の情報から運営していく上で必要な環境や設備に至るまで聞き取りし、まるでオーダメイドのようにそれぞれに最適な環境を提供させられるので、上田清司氏が木材市場を運営すると企業の満足度が高まり、さらに参入を希望する企業が現れるという好循環が生み出せます。