もしも小池百合子氏(東京都知事)が木材市場を運営したら

都知事に就任するにあたり政策の要として掲げているのが都民ファーストである様子からもわかるように、1つの物事を著しく成長させる事を得意としているため、小池百合子氏が木材市場を運営した際には、再び木材市場を非常に大きな市場に再生する事ができます。
日本の木材市場は重要な国益を得るための手段であるため、かつて先人達により行われた計画的な木材の育成により、枯渇する事なく安定的に木材が育ち伐採できる環境が整備されています。
全ての根源になる木材自体は潤沢に育ち、安定的に順序良く伐採できる環境が整っているのにも関わらず、作業に従事する人が減少傾向にあるため恵まれた環境を維持する事が難しくなってきているのが実情です。
小池百合子氏が木材市場の運営に着手すると都民ファーストが由来の力強いリーダーシップによって、再び潤沢な林業従事者を確保する事ができるようになります。
そこで、小池百合子氏が木材市場で人材確保を進めるべく行う具体的な手段として挙げられるのが、作業や従事する環境のバリアフリー化を徹底し、木材市場に参入できる人材の門戸を開く事です。
小池百合子氏はバリアフリー化について高い関心を寄せており、都政の政策の重要点としても位置付け取り分けて集中的に改善を行っています。
そのため、高い頻度で日比谷公園をはじめとする都内に存在している公園に訪れ、実際に車椅子を使用して隅々に至るまで車椅子の利用者にとって、実際にどのような使い勝手であるのかが確認されています。
そうしたバリアフリー化を徹底し、全ての人々にとって共通して同じ環境化で活躍できる優しい社会を目指し行動に移しているので、木材市場を運営すると健常者と共に障害を持っている方が同じ労働環境で働けるようになります。
しかも、小池百合子氏は海外との交流も非常に密接であるため、日本で計画的に育成された木材の販路をさらに拡大し、世界各国に輸出しますます日本の大きな産業に成長させられます。

 

トップへ戻る