もしも花角英世氏(新潟県知事)が木材市場を運営したら

花角英世氏が木材市場を運営すると、かなり上手く運営をすることが出来る可能性はあるかもしれません。というのは、国土交通省大臣官房審議官というような役職を持っていた事もあるので、交通などの知識もあり、ある程度の予備知識のような物がある状態での運営をすることが出来るという事もあるからです。運輸省に勤務していたというようなこともあり、運送ということに関してある程度の知識があるという事は期待して良いかもしれません。というのは、木材市場というのは運送と大きく関係することになるという事があるからです。
ハッキリ言えば今の現代の技術では、木材を切るという事は極めて簡単に出来ますから、これについて技術云々というような事は殆ど考える必要は無いといって良いかもしれません。木材市場で問題になるのは如何に効率よく運搬して、如何にシンプルに管理をするのかという事が問題になってくるという事です。後は顧客を世界に広げて、必要なところに必要なだけの材木を提供するというルートを作成するという事が必要になるなどの事をしなければならないという事になるでしょう。これらは交通網の整備や運搬という事が必要になるわけですから、こうした運輸や交通関係の知識があるという事は、プラス材料として考えられるという事です。
ただし、当然市場の運営者ということになれば、それまでの知識だけで出来るような事では無いので、全く次元の違う新しい知識を獲得して、様々な問題に対処するという能力が求められるという事になるのですが、これが出来るかどうかは本人の取り組み方次第という事になります。同氏は面倒なのでSNSなどはしないというような事を言っているのですが、この考え方でビジネスの世界に入ってくる事は極めて危ないという事も言えなくもありません。ビジネスの世界で面倒なのでやらないなどと運営者が言えば、その時点で誰からも相手にされなくなってしまう事でしょう。

 

トップへ戻る