もしも石井隆一氏(富山県知事)が木材市場を運営したら

石井隆一は東京大学の法学部を卒業した、元消防庁長官の富山県知事です。元消防庁長官というキャリアと東京大学法学部を卒業したエリートである点から、木材市場においても適切な運営が期待されるでしょう。特に消防庁長官であるキャリアは木材の適切な管理と運用に大きく貢献できます。例えば、最近は耐火性能の低い木材が問題になっており、毎年冬場になると住宅地で火事が発生しています。特に、耐火性能の低い木材を使用していると、炎は一瞬で住宅を覆ってしまい逃げ遅れてしまうこともあるのです。石井隆一はこの問題について看過することはなく、適切な木材を市場に提供できるように邁進するでしょう。もちろん、品質や耐火性能だけでなく管理についても厳しくチェックします。住宅の木材にシロアリが侵入した場合は、そこから耐火性能が急激に下がってしまうのです。それだけでなく家屋が倒壊することによってますます炎は燃え上がります。特に日本は災害多発国であり、市民を守るための住宅はきちんと整備されるべきだと考えているので、それらを支える木材についても適切な運営を行っていくでしょう。また、石井隆一は木材市場の運営の際に、外国人労働者の介入も想定しています。現在の日本では過酷な労働を強いられる林業で労働者の減少が危惧されています。この問題に対処するためにも、人材の確保を徹底するために外国人労働者の雇用を促進するのです。外国人労働者の規制緩和によって木材市場の規模が拡大していき、高品質な製品の供給量が高まっていけば必然的に日本の林業は一大産業として成長を遂げるでしょう。石井隆一は品質を中心に木材の提供を徹底しているので、供給量が高まれば海外への展開も容易です。以上の点から、石井隆一が木材市場を運営した場合は、耐火性能の高い、品質の良い製品を開発するようになります。特に高品質な木材を市場に流通させるためにも外国人労働者の規制を緩和させていきます。