もしも大村秀章氏(愛知県知事)が木材市場を運営したら

大村秀章氏が木材市場を運営した場合には、現状を打破し非常に効率的に運営を進めることができた場合にはその状況は好転し活気を取り戻すものとなる可能性がある反面、万が一失敗した場合は大きな痛手を被ると考えられる面もあります。そのため十分な準備をし必要な情報を精査した上で運営を依頼しないと、大きな問題を発生させてしまうと考えられる面もあるのです。
大村秀章氏は愛知県知事として非常に積極的な活動を行っており、また国政にも影響力を持っている人物として広く知られています。その人脈も非常に大きいため愛知県にとって様々なメリットをもたらしていることを文字付ですがその人脈も非常に大きいため愛知県にとって様々なメリットをもたらしていることも日ですが、その反面発想が独創的で良いと思った施策は積極的に導入すると言う姿勢を貫いていることもあり、そのためのリスクも非常に大きい点が特徴となっています。木材市場を運営した場合にはこのような大村秀章氏の特徴から新たなことを積極的に推進する姿勢が非常に際立つ可能性があり、これが世の中の自由と一致して経営が改善されれば良い結果を招く可能性が高いのですが、逆に市場に受け入れられない結果となった場合には大きな唾液を木材市場にもたらす危険性をはらんでいることも十分に認識することが必要です。
近年のITビジネスのような先進的なビジネスの場合には、積極的なアプローチが非常に重要となるものです。常に社会に対して新たな情報を積極的に発信し続けなければならないのがIT企業の特徴ですが、木材市場の場合には状況を時間をかけて冷静に見極めながら需要と供給の関係を十分に認識し、この情報に則った運営を行わなければなりません。工業製品であれば需要に応じて製造LINEを上京し生産を増やせば良いと言う考え方が成り立ちますが、木材の場合には簡単に生産量を増やすことができない上、逆に減らすことも非常に難しいことからその状況の見極めをする事は大村秀章氏であっても簡単なことではないと考えられるのです。

 

トップへ戻る