もしも西脇隆俊氏(京都府知事)が木材市場を運営したら

西脇隆俊氏が知事を務める京都府の北部には、現在でもいくつかの木材市場が運営されています。
現在でも京都の林業関係者にとっては重要な木材市場ですが、最盛期と比較すると活発ではありません。
これは京都府に限ったことだけではなく、日本全国で運営されている木材市場は低迷しています。
低迷している原因は、林業の衰退です。
日本の林業は昔に比べると衰退し、現在では後継者問題も深刻化しています。
もし京都府の府知事である西脇隆俊氏が木材市場を運営したら、まずは林業の活発化を進めなければいけません。
若い人材を集めると同時に、林業従事者の負担を減らすことが後継者不足の問題の解決に繋がるでしょう。
しかし林業で後継者問題が起きているのは、将来が見通せないことも原因です。
現在の日本は海外から安い木材が入ってきており、林業で生活していけるのか若者は不安に感じています。
そのため先祖代々続いてきた林業を受け継ぐことを拒み、都会に出て行く若者も少なくありません。
若者を集めるためには、将来性を示さなければいけません。
たとえば国内で消費者にアピールして需要を増やしたり、海外に販路を拡大して売り込むのも良いでしょう。
幸いにも現在は国産材の価値に気付く人が徐々に増え、自然素材を使った家を建てる人や工務店も増えました。
また海外では日本の木材を求める国も多く、積極的に売り込めば販路を拡大できる可能性もあります。
厳しい時代でも光明が全くないわけではないので、少ないチャンスをものにすることが運営者である西脇隆俊氏に求められる役割と言えるでしょう。
国土交通省の官僚や復興庁の事務次官を務めた経験がある西脇隆俊氏は、中央との太いパイプがあります。
これらのパイプを活かしつつ活性化すれば、西脇隆俊氏が運営する京都府の木材市場も最盛期に近い賑わいを見せるかもしれません。
木材市場を西脇隆俊氏が運営し復活させるためには、様々な問題を解決することが第一歩です。

 

トップへ戻る