もしも松井一郎氏(大阪府知事)が木材市場を運営したら

2025年の5月3日から11月3日にかけて大阪万博が開催される事が正式に決定した事を受け、現在最も知名度が高い知事と言っても過言ではないのが大阪府知事の松井一郎氏です。
大阪万博の誘致を目指し世界に向けて自らが情報発信した機会も多い事から世界中に認知されているため、木材市場を運営した際には木材市場の活性化に向けて行われるアプローチの訴求力が強いものになります。
また、大阪府知事という事もあり多くの大物芸人とも親密な関係性を有していて、実際に大阪万博をはじめ大阪にて行われるイベントの周知活動を行う際にはお笑い芸人も率先して協力しているため、国内に向けたアプローチも高く行えます。
そのような松井一郎氏であるからこそ力強くアプローチする内容は、木材市場を先進的なテクノロジーを活用して活性化するというものです。
松井一郎氏とテクノロジーの関係性が深く、当人も取り分けて重要視をしている様子は、これから行われる大阪万博のコンセプトからも見て取れます。
松井一郎氏が大阪万博に込めているコンセプトは未来社会を構築していくための実験場というものなので、まさにテクノロジーという最先端技術と数多くの産業の中で突出して古い歴史を持つ木材市場を融合させ、新たなる木材市場を生み出し成長させていきます。
さらに、松井一郎氏は未来社会で要になるのは人工知能のAIや仮想現実のVR、拡張現実のARであるとしているので、未来を見据えた木材市場に成長にも3つのシステムを導入していく事は必至です。
そしてAIを導入すれば、AIが導いた木々を選定すると木材市場に参加してまだ日が浅くても職人が選んだものと同じ木々が選べるようになりますし、これから参加しようと考えている方に対しては、VRを利用して森林に入る前段階からリアリティが高い映像で研修を行う事ができます。
そのようにAIやVRを活用すると、若い世代を木材市場に呼び込めるようになりますし、ARの技術により実際の森林にデータを合わせて、森林への新しい計画も練りやすくなります。