もしも溝口善兵衛氏(島根県知事)が木材市場を運営したら

溝口善兵衛氏は大蔵省に在籍し、急激な円高を抑制するために米ドルの大規模な買い付けを政府で主導した人物と言うことで知られています。その功績で急激な日本の経済の変化を抑制し、安定的に推移した実績があり、米国ではミスタードルと呼ばれた人物と言う事でも知られているのです。そのため経済の流れに非常に敏感で、これに対して最適な戦略を立てることができる能力にも長けており、経済界では高く評価されています。
溝口善兵衛が木材市場を運営した場合には、様々な木材の取引を効果的に進めると考えられます。常に状況を見極め最適な対策を的確に打ち出すと期待される面があり、万が一木材市場を運営した場合には非常に有益な運営を行うと考えられるのです。
ただし経済と異なり木材は自然の産物であることから、あらかじめ十分に計画をし市場を予測しないと十分な供給を行うことができないと言う面があります。お金の場合にはそれぞれの国の政府の経済戦略により必要に応じて増やしたり減らしたりなどといった戦略を立案することができますが、木材の場合にはあらかじめ長期的な計画を立てこれを実行に移すことが非常に重要となるほか、急激な変化には十分な対応ができないと言う問題もあるのです。そのため、あらかじめ緻密な戦略を立て、細く軌道修正をしながら理想の結果に導く能力が求められることから、その戦略を十分に打ち出すことが上には非常に重要な要素となっており、溝口善兵衛氏にその能力が備わっているのかは未知数と考えられます。
溝口善兵衛氏が木材市場を運営した場合、状況に対する打開策はアイディアとしては効果的な立案をすることができると推測されますが、状況に対する打開策はアイディアとしては効果的な立案をすることができると推測されますが、実際にそのアイディアを実現することができる状況が備わっているとは限りません。そのため溝口善兵衛氏を支える木材の市場に精通した側近がいることが前提となり、その両者が効果的に戦略を打ち出すことで、指定した運営ができるようになると考えられるのです。