もしも伊原木隆太氏(岡山県知事)が木材市場を運営したら

伊原木隆太氏が木材市場を運営した場合、企業をどんどん大きなものへと成長させていき、大きな成功を収めることことになるでしょう。彼の経歴を見ればそのすごさが分かります。

 

伊原木隆太氏は1966年の7月29日生まれの実業家であり、2019年に2月現在は岡山県の知事を務めています。生まれは岡山県岡山市の地元百貨店である、天満屋の創業家です。天満屋は1892年に創業された古くからの歴史ある百貨店ですので、家柄についても由緒正しいものだと言えます。また生まれだけでなく、学業にもとても秀でています。岡山大学教育学部附属中学校や岡山県立岡山大安寺高等学校、東京大学工学部を卒業し、1995年にはアメリカ合衆国スタンフォードに本部が置いてある、多くの日本人でも知っている超有名私立大学のスタンフォード大学経営大学院(ビジネススクール)でMBA(経営管理学修士)を取得しています。その後は1998年に父である伊原木一衛氏の後任として、天満屋の代表取締役社長に就任し、2012年まで同社長の務めを果たしてきました。2012年の5月には代表取締役社長を退任し、岡山県知事選挙に出馬したのち、並みいるライバルを押しのけて見事に初当選を果たしました。

 

岡山県知事となってからの取り組みも素晴らしいものばかりです。岡山県で最重要課題の一つである産業振興を、今までの県行政ではハッキリとしていなかった案を具体的な方向へとアプローチすることによって見事果たしています。新しいアンテナショップを開業させたり、1000平方メートルに届きそうな売り場面積を誇る大型店を、鳥取県と共同したりなどさまざまです。2016年には途絶えてしまっていた香港や台北の国際定期線の就航関係も修復させるなど、岡山圏外にまで活動の手を伸ばしています。

 

そんな素晴らしい伊原木隆太氏が、もしも木材市場を運営することになれば、今までの経歴を生かして活動の場をどんどん広めていき大きなものへとしていくでしょう。