もしも湯崎英彦氏(広島県知事)が木材市場を運営したら

もしも湯崎英彦氏が木材市場を運営するような事になると、これはかなり市場を活性化させて上手く運営してくれる可能性があると考えて良いかもしれません。というのは、同氏は既に実業家として経営コンサルタントとしても実績を積んでいるので、ある意味ではこうした分野の専門家だと言っても良いかもしれないからです。専門家が必ず成功するというわけではありせんが、何も知らない人よりも格段に上手く運営する可能性は高くなると考えていいでしょう。自分で会社を設立して会社運営をしているような人ですから、市場という物を理解して、これをどう操るのかという事は常に考えてきたという実績があります。
ですから、既に実業家でありて、政治家でもあるという二足の草鞋を履いているわけですから、特にこのような運営を任されてもハイハイといってこなしてしまうという程度の事になると考えられます。出来る人にとっては市場運営も特に難しいとも感じる事無くやってしまう事です。
というのは、ビジネスの世界ではやるべきことは、実は決まっているということがあるからです。木材市場の場合であれば、木材を売るという事をするだけの事なのです。市場がどうのこうのというような事をいろいろと騒がれたりしますが、これはあくまで方法がいろいろとあるというだけの事で、やるべきことは、木材を売るという事をすればいいだけで、後は何処にどれだけ売るのか、その販売ルートはどこに作るのか、それを誰がするのかというような事を決めていけばよいというだけの事になります。ですから、事業主はこうした決めなければならない事を確実に決めていって、後はそれをする人に任せれば、市場が動くという事を知っているので、それをやらせるという事をするだけ。自分がするわけでは無いのですから、特に自分が大きく時間を取られるような事でも無い事も知っています。ですから、特に難しい事でも何でもないので、二足でも三足でも草鞋を履くことが出来るという事になります。

 

トップへ戻る