もしも村岡嗣政氏(山口県知事)が木材市場を運営したら

村岡嗣政氏は東大出身の官僚で正にエリートという感じの方ですから、このような方が木材市場の運営をすると理想と現実とのギャップでかなり苦労するという事になりそうです。東大の後は総務省に入省したという事なのですが、此処はある意味では市場とは全くの別世界ということになるでしょう。全てがマニュアルで決まった通りにするという事になるでしょうから、市場とは真逆で言われた事以外、決まった事以外をすれば何をしているのかと起こられる世界ということになるはすです。ですが、市場に出てくると一切のマニュアルがない無法地帯のようなところということになりますから、そこで利益を出していくという運営をすることは、ある意味ではもう周りを意識することなく、自分の考えを貫かなければならないという事にもなるはず。確かに選挙で勝って知事となったという事がありますから、ある程度の荒波を超える力を持っているという事は証明していると考えていいでしょう。ですが、知事と市場とでは全く異なるという事で苦労することは間違いなさそうです。というのは、知事になった場合でも基本的に仕事は全て役人がやってくれますから、最悪の場合は何もしなくてもハンコだけついていれば仕事をすることは出来るという事です。余計な事をしていろいろと問題を起こす知事もいますが、そのような事をしなければ誰でも出来るという事は歴史が証明しています。
ですが、木材市場の運営ということになれば、誰でも出来るという事ではなく、逆にほとんどの人が出来ないという事で、退場させられているという事になりますから、この荒波を乗り越えるだけの覚悟と根性を示すことが出来るのかどうかが問われる事になりそうです。ハッキリ言えば、何も正解がない所で自分のしている事が正しいと部下に示してついてこさせる事が出来るのかどうかという事が問われることになるのですが、このようなところでかなり苦労することになりそうです。

 

トップへ戻る