もしも飯泉嘉門氏(徳島県知事)が木材市場を運営したら

木材市場の運営の特徴は様々な木材の種類によってその用途が異なる点を意識し、最適な市場の予測を十分に行って運営することが求められる点です。一般的なビジネスにおいては、市場分析はその瞬間瞬間の市場の状況を十分に分析し、その状況に応じて必要な商品を開発し提供することが最も効果的な方法となりますが、木材の場合には長期的な生産計画を立て、十分に市場を予測した上で戦略を立案しなければならず、加えて様々な環境変化により生産量が変化することも十分に予測し、計画を立案しなければいけないと言う難しさがあるのです。そのため通常のビジネス等の運営に比べ木材市場の運営は非常に難しいものとなっている側面があります。
飯泉嘉門氏は徳島県知事として徳島県を非常に戦略的にユニークな方向へと導いていると評判の人物です。独創的な発想で徳島県のメリットを前面に打ち出し、全国の都道府県に先駆けて様々な施策を打ち出しているため、徳島県が注目を集めるきっかけとなった戦略を生み出した人物でも知られています。その飯泉嘉門氏が木材市場を運営した場合にはこれまでの木材市場では考えられない新たな戦略を打ち出し、低迷する状況を打破することができると期待できる面も少なくありません。
しかし懸念材料は、飯泉嘉門氏が自治省の出身であり、経済的な戦略を立案する能力に関しては未知数であるという点です。木材市場はビジネスの一環として戦略的に生産を行い、長期にわたって様々な状況を冷静に判断しながら生産計画と授業の計画を分析し進めることが重要となる市場であり、自治体の運営や通常のビジネスとは大きく異なる側面があるためです。通常のビジネスや自治体の上では急激に戦略を変更し是正措置を行った場合でも、そのリスクを低減させることが可能ですが、木材市場の場合にはすでに計画的に生産される木材の処理方法が重大な問題を生むため、その対処についても十分に考慮したうえで戦略を打ち出さなければいけないと言う側面があり、この部分に関しての対処が必要となります。そのため、木材市場に精通した人物のサポートを仰ぎ進めることが成功の秘訣となるのです。

 

トップへ戻る