もしも浜田恵造氏(香川県知事)が木材市場を運営したら

浜田恵造氏は1975年に大蔵省に入省して以来様々な役職を歴任し、2010年まで官僚として国政で活躍した人物であるため、特に経済の面に関しては様々な経験と知識を持っている人物となっています。現在は香川県知事として香川県の発展に尽力しており、四国の玄関口と言われる香川県の発展のために尽くしていることから、これまでの経済面での知識と経験を生かして効率的な運営を行っている人物となっているのです。
浜田恵造氏が仮に木材市場を運営した場合には、経済的な面から見た運営に関しては非常に効果的に行うと考えられます。木材市場の現在の問題は効果的な生産計画と販売計画が実現できない状況があるためで、需要とこれに応じた利益を十分に予測した上での生産計画を立てることができれば安定した運営を行うことができると考えられるためです。現在の日本の木材市場は生産過多と言われる状況になっている側面があり、効果的な販売先を見つけることができないことから木材の価格が値崩れし、十分な利益を得ることができない点にも大きな問題があると言わざるを得ません。浜田恵造氏の大蔵省や財務省での経験と知識を利用することで、効果的な生産計画と販売計画を立案することができると期待される面が非常に大きいのです。
ただし木材市場の問題点は長期的な生産計画に応じた販売計画を立案しなければならないと言う点です。実際の経済とは異なり木材の場合には長期的な生産計画が重要となり、これを立案するためには長期的な販売計画を正確に立案しなければならないため実際の経済とは時間の流れが大きく異なること、またその途中で状況が変化した場合には総合的に計画を見直し、またその途中で状況が変化した場合には総合的に計画を見直し、その時点での生産計画もさかのぼって管理しなければならないことなどが問題として発生するため、その状況を十分に把握した上で運営を行うことが求められます。そのため、浜田恵造氏が木材市場の運営を行う場合にはこれらの知識を持った人物のサポートが非常に重要となります。

 

トップへ戻る