もしも中村時広氏(愛媛県知事)が木材市場を運営したら

中村時広氏は衆議院として国政に参加した経験があり、様々な政治家の経験を持っていますが、その後松山市長として松山市の運営に関わり、現在は愛媛県知事となり様々な施策を打ち出している人物です。愛媛県は四国の中では最も栄えていると言われている県ですが、日本全体で見ると様々な面で低迷している面があり、その愛媛県の立て直しのために今後の活躍が期待される人物でもあります。
中村時広氏が木材市場を運営した場合には、積極的な新たな施策を打ち出すことが予測され一時的に非常に活気が溢れることが考えられますが、この後の展開については若干不安視される要素もあります。木材市場の特徴として長期にわたり計画的に木材を生産し、その生産に合わせて需要を予測して効果的な運営を行わなければならない面があるため、瞬間的な判断による路線変更は非常に難しいと言う特徴があるのです。これまでの中村時広氏の政治に対する関わり方を見た場合、そのフットワークの軽さは評価に値するものがありますが、その反面具体的な実績を残せていないと言う点に若干の懸念を感じる面が多くなっています。
しかし木材市場の運営と愛媛県の運営には共通要素も少なくありません。日本は国際的にも有数の木材の産地であり、現場では様々な国に対して輸出も展開していることから、愛媛県と同様に資源を持ちその資源を圏外に効果的に生かそうとする姿勢と共通する要素があるのです。国政に参加した経験やその後市政を運営した経験は非常に有益なものとなるため、その経験を存分に生かすことができることが期待できます。愛媛県は非常に様々な資源が豊富な場所でもあり、その資源を効果的に生かして全国的に高く評価される間でもあることから、効果的な運営をすることで日本の中でも有数な魅力ある間として成長することができるのです。その共通要素を踏まえた上では、木材市場に対しては様々な経験を踏まえて効果的に運営をすることができる人物と期待できる面も少なくありません。

 

トップへ戻る