もしも小川洋氏(福岡県知事)が木材市場を運営したら

もしも小川洋氏が木材市場を運営すると、市場が硬直化することがあるかもしれません。理由は同氏が特許関係の役所の出身だという事があります。特許というのはある意味では経済を活性化させるという側面もありますが、逆に硬直化させるという側面もある、極めて扱いが難しいところがあるという事です。
特許権というように言われるように、これは権利が発生するという事ですから、権利が出てくるということは、それだけで様々な使用に関する制限がかかるという事になるという事です。一般的に経済が活性化するという事は無制限にモノや情報が飛び交うという事が経済の活性化につながるという事ですから、この権利が出てくるようになると、この経済活動が停滞する可能性も出てくるというわけです。
その良い例が薬などの特許でよく見られると言えるでしょう。薬は特許の扱いが極めて難しい事になっていて、無制限に開発者に特許権を与えてしまうと、それだけで人の命に係わるような薬が、開発者に独占されてしまって折角の薬がほとんどの人の手に渡らないというような事になってしまう事もあるわけです。ですから、この権利を付与する時には極めて慎重に経済などの市場を見ながらしなければならないのですが、これが実に難しいので、なかなか問題が無くならないという事になっています。
同氏はこの特許権を管理する役所から出てきていますから、この辺りの判断が適切に出来るのかどうかというところが難解なところという事になるかもしれません。何でもかんでも凄い発明をした人に権利を与えていたということになれば、市場においても何でもかんでも権利で縛るというような事を考えてしまう事もあるかもしれない。自分さえ良ければ後は知らないというようにも出来るのが、この権利というものの難解なところですから、市場運営者になった時にこの微妙なバランス感覚を保って運営をすることが出来るのかどうかが注目という事になるかもしれません。

 

トップへ戻る