もしも山口祥義氏(佐賀県知事)が木材市場を運営したら

もしも山口祥義氏が木材市場を運営したら、かなり上手く市場の運営をすることが出来るかもしれません。かなり期待を持っていいかもしれないと考えられます。というのは、総務省に入省してから同氏は出向でいろいろな地域を回っているという事があるからです。鳥取県や秋田県、長崎県などにも行っていて、いろいろと経験を積んでいるという事が分かります。そのため、官僚でありながらもかなり柔軟性のある考え方をすることが出来る可能性がありそうです。
この柔軟性こそが市場運営で最も求められることなので、これが出来そうだという事は極めて有望だと考えられるという事です。
市場運営では、何が起きるかわかりません。というよりも、必ず想定外の事が起きると考えておいた方が良いでしょう。ですが、これが官僚には理解が出来ないわけです。そのため、問題が起きると自分のせいではないというように言って逃げてしまって、何も解決することはないという事になってしまいます。官僚時代では問題そのものが起きませんし、起きたとしても、それは自分とは関係ないといえば、それでもう終了でした、嫌な事には関わらないという選択肢を持つことが出来たわけです。ですが、出向のような事を受け入れて、様々なところを回っている同氏はこうした嫌な事もいろいろと経験を積んでいるという事が考えられます。ですから、当然市場なども運営すれば問題が起きることは覚悟していて、それに向かって改善策を考えるなり、自分なりの方法を考えるなり、自分で責任を持ってこれにあたるという当たり前の事が出来る可能性があるという事が言えます。官僚出身の方はこれが出来ないというよりも、そのような必要性を感じないので困るのですが、同氏はいろいろと経験があるようですから、木材市場も上手く仕切ってくれる可能性は高いかもしれません。勿論、失敗することも多いのですが、それをばねにしてまた挑戦するという事をしそうです。

 

トップへ戻る