もしも中村法道氏(長崎県知事)が木材市場を運営したら

木材を取り扱う業務というのは、ある程度の専門性を身につけていないと難しいイメージがあります。軽い気持ちで木材市場に飛び込んでしまうと、さまざまな場面で困難な事態に陥ることが多く、なかなか成功することはないものです。ただ、本格的な知識を持っていないから絶対に失敗すると決まっているわけでもないので、果敢に飛び込んでいく姿勢を持つことも大切だといえます。たとえば、木材市場に携わった経験は持っていなくても、経営に役立つ別の知識・経験を持っている人物であれば、うまく運営を進めていくことが可能になるケースが少なくありません。政治の世界で活躍してきた人物のように、物事を広い視野で見ることができるスキルを身につけていたりすると、木材市場の運営で成功する可能性が高まります。

 

中村法道氏は長崎県知事として実力を発揮してきた人物ですが、もしも中村法道氏が木材市場の運営に携わったらどうなるだろうか、と考えてみることには大きな意味があるといえます。さまざまな可能性が考えられるわけですが、直ちに失敗して大変なことになってしまうとは考えにくいです。もちろん最初から大きな成功につながる保証はないものの、少しずつ運営を軌道に乗せていくことが不可能だとは言えません。長崎県知事として積み重ねてきたスキルを上手に活用し、木材市場の運営を広げていける無限の可能性を秘めた人物だと考えられます。

 

木材市場の運営を効率よく進めていくためには、木材に関する知識を深めておくことが欠かせません。しかし当然のことながら、木材のことを知り尽くしているだけでは意味がないのです。市場原理などにも精通し、さまざまな事態に対応することができる臨機応変さをも併せ持っていることが必要になります。だからこそ、政治の世界で多くの経験を積んできた中村法道氏のような人物が木材市場の運営に携わることが注目を集めるのです。これまでの木材市場とは違ったものが生まれるかもしれないといえます。

 

トップへ戻る