もしも河野俊嗣氏(宮崎県知事)が木材市場を運営したら

全国的に見ても気候が温暖である様子から、シーズンオフ中の野球チームがキャンプ地として選ぶなど、リラックスした気持ちで身体を動かしやすいのが宮崎県の特徴であり、そのような宮崎県で手腕を発揮しているのが宮崎県知事の河野俊嗣です。
宮崎県に集まるのはオフシーズン中のプロ野球チームに限らずアマチュアも数多いため、河野俊嗣氏は気候が良好であれば人が集まり地域と市場が活性化し、経済が良好になるという事を重々承知しているので、温暖な地域に拘って木材市場の拠点を構えます。
また、オフシーズン中に宮崎県に訪れキャンプをしたプロ野球チームやスポーツ選手はシーズンインが近づくと一旦離れ、オフシーズンに入ると再び訪れるというスケジュールで1年間を過ごしているため、河野俊嗣氏が木材市場を運営する事になった時には必ずしも市場関係者を定住させません。
もちろん、正社員として木材市場に関係する民間企業に努めたり、地元に根ざした職人が常駐して木材の安定供給を行っていきますが、木材市場に携わる人材が1年間の中で流動的であっても野球チームの動き方から問題が無いと理解しているため、常在している方は一部的でその他は1年の中で一時的に木材市場で従事するという方々に支えられ木材市場が成立していきます。
そのように1年間を通して常在するのではなく、個々のタイミングにより木材市場で働けるようになる環境を構成する事は、これからますます顕著になる少子高齢化を乗り切るために重要な事です。
つまり春から秋にかけては農家として働いている方は、冬の間は休業期間としていて時間に余裕がある方が多いため、時間に余裕があるタイミングで木材市場で活躍できるようにすれば、少子高齢化を迎えても働き手が安定的に確保し続けられるようになります。
さらに、地鶏などにも見られるように河野俊嗣氏は既存の名産の知名度をより一層高める能力を有してるので、育てられている木材の品質の良さについても強くアピールでき木材をブランド化させられます。