もしも平井伸治氏(鳥取県知事)が木材市場を運営したら

日本の木材は品質が良いため輸入量が増えています。
日本の住宅用木材は安価な輸入品に頼っている部分がありますが、最近は国内産の木材を使った高級住宅も人気があります。
停滞していた林業も上向きで木材市場にも少しずつ活気が戻ってきています。
日本は木材の流通が海外に比べて複雑なので問題もあります。
木材市場を運営するためには優れた頭脳と手腕が必要です。
もしも平井伸治が木材市場を運営したら、合理的に木材市場を運営して現在の状況を改善できる可能性があります。
平井伸治は東京の神田生まれで父親は弁護士です。
名門の高校を卒業した後に東京大学法学部を卒業し現在の総務省に入省します。
1996年にはカリフォルニア州バークレー校の研究員となり、2001年には最年少で鳥取県の副知事に就任します。
2007年には鳥取県知事選に出馬して初当選し、2015年4月に鳥取県知事3選を果たしています。
学生時代からエリートの道を歩み続けている平井伸治ですが、ダジャレでも有名です。
海外に強く、ロシアとの経済交流にも積極的でロシアでも顔を知られています。
ロシアからテレビメディアが取材に来るとロシア語で挨拶し、驚かれたことがあります。
2018年に北京で行われたフォーラムでは鳥取県の名産品を中国語で紹介して多くの拍手を受けています。
鳥取県には韓国や中国からクルーズ客船が数多く入っていますが、平井伸治は鳥取こそが日本の表玄関だと語ります。
平井伸治は柔軟なコミュニケーションスキルを持つ知事として高い評価を受けています。
アイデアがあると絵に描いた餅にせず実現させる能力があります。
平井伸治は日本の知事としては珍しいタイプで、海外からも注目されています。
木材市場の運営には柔軟な戦略が必要ですが、平井伸治ならこれまで培ってきた知事としてのノウハウを活かすことができます。
日本は森林国家ですが林業は人材不足という問題を抱えています。
最近はITやロボットなど高度な技術を導入することで林業の世界にも明るい兆しが見えているので、平井伸治のような能力のある人が運営を担うことが求められます。