もしもラリーペイジが木材市場を運営したら・・・

大手検索エンジンのGoogleを立ち上げたラリーペイジは、一般的に常識であると考えられている事に対して見過ごすといった事はなく、常識とされている事でも正面から向き合って考えられるという強みがあります。
そのような強みがラリーペイジがGoogleを開発させる事ができた所以であり、同様に強みを活かした運営は木材市場でも活用する事ができます。
通常、物事を円滑に進めていくためには経験が伴っていた方が良いと考えられていますが、ラリーペイジは経験が無い人材の方が誰も生み出す事ができなかった全く新しいイノベーションが起こせると考えています。
実際にラリーペイジも経営については知識を有していなかったため、Googleという唯一無二の企業を立ち上げ現在のような巨大企業に成長させる事ができました。
そこで、ラリーペイジが木材市場を運営する事になった際には、木材市場で働く方はあえて異業種で働いていた方々の割合を多くします。
長い年数にわたって同業種で働いていると仕事が慣習的になりやすく、新しいイノベーションを起こす事へのハードルが高くなり、詳しく理解しているからこそアイディアが浮かんでもつい現実的な思考で打ち消してしまうものです。
反面、異業種で働いている方のように予備知識を有していない方の場合はシンプルに物事を見る事ができるので、浮かんだアイディアをアウトプットする前に自分の中で消化してしまう事がありません。
さらに、ラリーペイジは地球温暖化などの地球環境についても強い関心を持っており、温暖化を食い止めるべく可能な限り木々を増やすようにすべきであると考えているので、自社のマップを利用して世界中の土地の中から木材の育成地を決め、スムーズに植樹ができるようにするシステムの提供も行います。
もちろん木材の管理や販売、アプローチなどはGoogle検索を活用し顧客に向けては入手から有効活用の方法に至るまでをカバーし、木材市場の全体を活性化していきます。