もしもスティーブバルマーが木材市場を運営したら・・・

日本国内で運営されている木材市場の現況は、問題だらけです。
安い輸入材にシェアを奪われ、林業従事者も高齢化し後継者問題に悩まされ続けています。
日本の林業は多くの問題を抱えていますから、現在の木材市場が低迷しているのも当然と言えるかもしれません。
国内の木材市場が現状を打破し再び息を吹き返すためには、思い切った改革が必要です。
従来のやり方では成長は見込めないので、大胆な改革を実行できる人物が運営すべきでしょう。
大胆な改革を木材市場に起こすためには、アメリカ人実業家のスティーブバルマーがうってつけかもしれません。
スティーブバルマーは、アメリカにあるIT企業の最高経営責任者を務めた経験がある人物です。
創業者の右腕としてスティーブバルマーはIT企業の成長に大きく貢献し、世界的な大企業に育て上げました。
現在はIT企業の最高経営責任者を退任し、プロバスケットボールのチームを所有するオーナーになっています。
アメリカで大成功を収めた実業家のスティーブバルマーなら、閉塞している日本の木材市場を改革する運営を期待できるでしょう。
たとえばスティーブバルマーはIT企業の元最高経営責任者ですから、林業のIT化を強力に推し進めることを期待できます。
国内の林業もIT化を進めつつありますが、そのスピードは遅くまだまだです。
しかしスティーブバルマーが木材市場の運営に携われば、トップダウンでIT化を推し進めるでしょう。
林業はIT化すると効率性が上がりますから、国産材の販売価格を下げられる可能性もでてきます。
またスティーブバルマーのIT化によって効率が上がれば、林業従事者の負担を減らすことも可能です。
安全性も高めることができるので、若者にとっても魅力ある仕事となり高齢化の問題も解決できるかもしれません。
林業が活発になれば国産材を扱うスティーブバルマーが運営する木材市場も賑わうようになり、現況を大きく変えることができるでしょう。

 

トップへ戻る