もしもジョン・フォン・ノイマンが木材市場を運営したら・・・

ジョン・フォン・ノイマンはアメリカの数学者です。日本に使用した原子力爆弾の製造や、ノイマン型コンピュータの基礎理論の提唱者でもあります。そんな彼が木材市場を運営することになった場合は、とても科学的な方法によって市場全体の活性化を促していくでしょう。特に最近では木材市場における人的資源の確保と物流の問題が深刻です。人的資源の確保は、ノイマン型コンピュータの発展型を開発して、解決に導くように尽力するでしょう。現在では莫大な統計データから計算結果を導き出す人工知能が流行していますが、ジョン・フォン・ノイマンの場合はそれらを更に発展させたものを独自に開発して、我々よりも数十年以上の先の技術によって人的資源の解決を徹底していきます。物流の問題については、木材の適切な加工とドローンの使用によって最適化を徹底していくはずです。もちろん、ジョン・フォン・ノイマンは数学者ではありますが芸術や美術などといった分野には疎く、木材加工の分野においては苦戦を強いられる可能性が高いです。そのため、人間工学から導き出された、極めて物理的で数学的な形状をした木材製品の販売も行います。これは人間の手や体にフィットするように作られているので、顧客はジョン・フォン・ノイマンの作った製品をありがたがるでしょう。それだけでなく、数学や物理など科学的な知見からアプローチした製品は、実用性を重視する若い世代の心を鷲掴みにできます。結果的に低コストで人間にとって使いやすい木材製品を大量に流通させることで、ジョン・フォン・ノイマンが木材市場を運営した場合は莫大な富を手に入れる可能性が高いです。またジョン・フォン・ノイマンは更に、利益を拡大させようと高度な技術を使用して市場を占有する可能性があります。この行動は木材市場だけでなく、物流や工作機械の製造業などにも影響を与える可能性が高いです。一部に富や権力が集中する、アンバランスな市場になります。