もしもニコラテスラが木材市場を運営したら・・・

ニコラテスラは、1943年の1月7日にすでに亡くなっていますが、もしも現代によみがえって木材市場を運営したら、間違いなく成功すると言わざるを得ません。その理由は、まず彼の生涯を追ってみることでも分かってもらえるでしょう。

 

ニコラテスラは、1856年7月9日の深夜に現在のクロアチア西部であるオーストリア帝国のリカ=コルバヴァ県にあるゴスピッチ近郊の村であるスミリャンにて誕生しました。両親はともにセルビア人で、父親はセルビア正教会司祭を奉じており、一人の兄と二人の姉、一人の妹の5人兄弟でした。ですがニコラテスラが5歳のころに兄を失ってしまいます。現代でも天才で有名なニコラテスラを上回る神童とされていた兄を失ったことで、頻繁に幻覚を見るようになりました。そういった逆境を跳ね除け、神童とうたわれた兄を上回ろうと必死に勉学に励み、特に数学では突出した才能を発揮したと言われています。

 

ニコラテスラの経歴は、1878年12月にグラーツ工科大学を中退し、1880年の1月にプラハ大学に留学します。1880年の1月にはブダペスト国営電信局に就職したのち、翌年の1881年1月にはゼネラル・エレクトリックのフランス法人に勤めます。1882年には誘導モーターの開発に成功し、1884年にはその才能を見込まれてエジソンの会社に採用されます。しかしながら社内でエジソンと直流と交流による事業展開の対立が起き、1年ほどで失職します。

 

その後も各地で電力事業に関する発明をし続け、無線通信機や電動機など現代のわれわれの生活になくてはならないものを作り続けました。

 

そんなニコラテスラが木材市場を運営すれば成功しないわけがありません。持ち前の発明力を木材市場の運営に活かし、今までにない運営を行うでしょう。また彼は語学にも非常に堪能で8つの言語を操っていました。そのため持ち前の言語技術を生かし、世界中でその力を発揮するでしょう。