もしも徳川慶喜が木材市場を運営したら・・・

徳川慶喜は江戸幕府の最後の将軍で、新政府軍との対立によって危うい立場になりましたが、最終的に生き延びて明治維新後も通常通り生活できたことから、非常にしたたかな考え方を持っている人物です。そんな徳川慶喜が木材市場を運営することになった場合は、したたかな市場戦略によって、苦しい局面に立たされたとしても自分の損失は最小限に低リスクな運営を徹底していくでしょう。現在の日本の木材市場の殆どは、海外の低価格な木材製品で押されている状況にあります。特にインドや中国、東南アジア諸国から安い木材が輸入されてきており、安価な木材の流通によって日本国内で木材市場を運営し続けることはリスク以外の何物でもない状況になっているのです。このような状況であっても徳川慶喜であれば、低リスクでニッチな戦法を採用することで必ず生き延びて行く戦術を実行に移すでしょう。例えば、単純に資材として木材を販売するのではなく、木材を加工して、耐久性の高い素材に作り変えることにより日本国内での需要を高めていくのです。日本では近年地震などの災害に見舞われており、古い木造住宅は東海などの被害が発生しています。この問題は耐久性能の高い木材の使用によって打開できるはずです。徳川慶喜はその部分を見逃さず、市場の僅かな需要を適切に応用して、厳しい木材市場を生き残っていくでしょう。もちろん、徳川慶喜自身が木材市場を運営する際には、必ず企業内の損失を最小限にするので、木材市場において特に価値のある人的資源の流出は最優先でとどめていく可能性が高いです。具体的な方法としては、木材市場で働き続ける従業員に対して適切に給与を向上させたり、社内で蔓延しているハラスメントや残業などの問題を解消して、働きやすい環境を整備していきます。こうすることで、例え給与が安くなったとしても、継続的に徳川慶喜の下で働き続けることができるようになりますし、低リスクでの運営も可能になります。