もしも釈迦(ゴータマ・シッダールタ)が木材市場を運営したら・・・

釈迦(ゴータマ・シッダールタ)は仏教の開祖であり、紀元前のインドに存在した差別や弾圧を受けた人々救済し、自らも悟りを開くために修行を怠らずにやってきた努力家です。そんな釈迦(ゴータマ・シッダールタ)が木材市場を運営することになった場合は、厳しくて過酷な現場に仏教の教えを提示することで、離職率の低下を推進していくでしょう。特に木材市場の末端では、重労働で過労や熱中症に加え、木材の下敷きになってしまうなどの事故死が相次いで発生しています。このような状況では従業員も現在の木材の業務に対して、真剣に取り組まなくなってしまう可能性も考えられるのです。だから、そういった従業員に対して、釈迦(ゴータマ・シッダールタ)は仕事に真剣に取り組めるように仏教の教えに基づいた教育を徹底していきます。特に木材市場では若手の従業員が中心になります。若手の従業員は中年から高齢の従業員とは違って、体力には申し分がありません。しかし経験年数が浅く、非常に狭い価値観を持っていることから、組織に対して離反したり、反抗的な態度を取ってしまうことがあります。この若手従業員の考え方を放置していると、早期の離職によって業界そのものが成り立たなくなってしまうのです。だから釈迦(ゴータマ・シッダールタ)が木材市場を運営して、考え方や価値観が狭い若手の従業員を説得することによって、市場の存続を図ろうとするでしょう。もちろん釈迦(ゴータマ・シッダールタ)は人的資源だけでなく、無理な伐採事業で環境変化が発生し様々な災害をもたらしてしまう悪徳の木材業者を駆逐していきます。日本は半数以上が森林になっていますが、どれも急な斜面で無計画な伐採事業を行っていると大災害は免れません。釈迦(ゴータマ・シッダールタ)はこの大災害を低減するために、適切な森林の管理と運営を徹底していくのです。緑を守ることができれば、野生の動物が人里に降りてくることもないので誰もが平和に生活できます。

 

トップへ戻る