もしも天台智が木材市場を運営したら・・・

天台智は天台宗の開祖であり、その礎を築き上げた人間です。非常に慈悲深い態度で接することができる人間なので、これまでの利益至上主義を掲げている木材市場を根底から変化させることができるでしょう。天台智が木材市場を運営することに鳴った場合は、まずは森林の保護政策から始めていく可能性が高いです。特に発展途上国や日本でも一部の地域では無秩序に森林を伐採したことによって、豪雨災害時に土砂崩れが発生しているなどの問題を抱えています。天台智はこの問題に対して植樹をすることで、解決させていく考えを全面に押し出していくでしょう。日本は周囲が山に囲まれている国なので、無秩序な伐採は土砂崩れやがけ崩れなどの原因になります。そのため、無秩序な森林伐採には、これまで以上の厳しい刑罰を加えていくようになるでしょう。もちろん天台智は頭の良い天台宗の開祖なので、森林を守るルールを決めるだけでなく、人々がそのルールを進んで守るようにしていく可能性が高いです。例えば必要以上に木材を取得してしまった場合は、国が買い取って木材に恵まれない地域に販売する他、植樹を行うことによって伐採しすぎた森林を元に戻すようにしていくのです。市場にも具体的な働きかけを行っていくでしょう。単純に価格競争により木材を販売するのではなく、付加価値を取り付けることで顧客から手にとってもらうことができるようになるのです。天台智が木材市場を運営すると、このようにこれらの利益至上主義の木材市場が根本的に変化していきます。場合によっては国が木材市場を利用することによって、木材に関係している従業員はすべて公務員で構成される可能性も高いです。木材市場の構成員がすべて公務員で構成されるようになれば、木材の適切な管理と運用ができるようになるだけでなく、市場への流通も適切に制御することができるので環境と人々の利益の双方を両立することが可能になります。