もしも親鸞が木材市場を運営したら・・・

親鸞は浄土真宗の宗祖であり、人物像は定かではありませんが、誰でも死ぬことで極楽浄土に行くことができると考えています。だから生きることは苦しみではなく、むしろ極楽浄土に行くための修行であるとしているのです。そんな親鸞が木材市場を運営することになった場合は、従業員の仕事に対する価値観や考え方を変えて、組織の構造そのものを抜本的に見直すことが考えられるでしょう。特に浄土真宗は他の仏教とは違った考え方を持っており、その独特な考え方は木材市場の膠着している現状を根底から打破することが可能です。木材市場の現状には様々な問題を多く抱えています。例えば流出する人的資源の確保や、伐採した後の木材の物流の問題、低コスト化が推進していく海外の輸入品や、悪質な伐採事業者による環境破壊で生態系や人々が災害に見舞われるなどの問題もあります。これらの問題は、もはや政治家による政策だけでは変革や改善は期待できないでしょう。むしろ法律や規制などではなく、人々の心を根底から変革させる必要があるのです。そのためにも親鸞が木材市場を運営することになった場合は、まず人々の心に環境の保全を徹底していくことを教えていきます。オフィスで紙媒体を使用する場合には、なるべく両面印刷を徹底して木材の過剰な伐採を防ぎましょう。森林を伐採させてしまった場合は、積極的に植樹や植林のボランティア活動を徹底していくのです。こうすることによって、人々の意識は徐々に変わっていき、環境の保全と人々の生活が守られるだけでなく、木材市場も利益至上主義ではなくコンプライアンスを重視した、長期的な運営に舵を切っていくことが期待できます。森林の伐採は数多く行えば良いというわけではありません。特に木材が生育するまでに時間がかかってしまうのは常です。だからこそ親鸞は、山の環境の保全と木材市場全体の健全化を徹底して、組織の長期的な運営を可能にすることを重視します。