もしも玄奘三蔵(三蔵法師)が木材市場を運営したら・・・

玄奘三蔵(三蔵法師)は中国の僧侶で、当時の仏教の中心地であるインドに文献を入手に赴き、帰国後これらの文献を参考に様々な仏教に関する文献を編纂した人物として知られています。日本では特に西遊記の中心人物としても知られており、天竺まで旅をしたとしてその認知度が高い人物です。
玄奘三蔵(三蔵法師)の性格は謎に包まれている部分が多いのですが、様々な言い伝えによれば非常に真面目で一途な性格であると考えられる面が非常に大きくなっています。そのため、当時は一般的には到達することが難しかったインドまで陸路を伝い、仏教の経典を入手するといった功績を成し遂げたと考えられ、非常に忍耐強く辛抱強い人物であると考えるのが妥当です。
この玄奘三蔵(三蔵法師)が木材市場の運営を行った場合には、非常に緻密な分析と計算のもとで計画的な運営を行うと考えられる反面、目標を立てた場合にはその目標に向かって様々な障害を排除し達成することを目指すと考えられます。すなわち途中で軌道修正を行う可能性があまりないことから、当初の目的を貫こうとするあまり様々なリスクを伴ってしまうことが推測されるのです。
現代の経営は、様々な周囲の環境に合わせて計画そのものを変化させながら最終的に効率の良い経営を行うことが非常に重要なものとなっています。木材市場も同様で、自然を含めた外的要因に柔軟に対応し、最大限の利益を得るために常に効果的な方法を模索しなければなりません。当初の目的に固執していたのでは十分な利益を得ることができない恐れがあるため、周辺環境に対応する柔軟な姿勢が必要になるのです。どのような条件下でもインドに行くことをやめなかった玄奘三蔵(三蔵法師)はこの点では効率的な運営を行う上で問題となるような部分を持ち合わせていることになるため、その運営手腕は未知数であると考えられるのです。
ただし、玄奘三蔵(三蔵法師)自身は非常に優しい性格であったと考えられることから、様々な種類の人物が働きやすい環境を作ると言う意味では優秀な運営者となる可能性もあります。

 

トップへ戻る