もしも出口王仁三郎が木材市場を運営したら・・・

出口王仁三郎は日本が大日本帝国だった時代の偉人で、宗教家でもあります。彼の行動は非常に大胆であり、時には旧日本軍の憲兵隊などに捕まったり、厳しい宗教弾圧を受けるなどの様々な苦境がありましたが、戦後も生き残っていることから無計画に行動を起こす人間ではなく、計算して行動を起こす人間であると言えるでしょう。そんな彼が日本の木材市場を運営することになった場合は、これまでにないような木材の販売な奇想天外なアイデアによって市場に発生している問題の解決に努めていきます。例えば、現在日本の木材市場で発生している従業員の不当な扱いについては、断固とした態度で接していくことが予想されます。特に出口王仁三郎は宗教家として、慈愛に満ちた企業運営を心がけていくはずです。もちろん慈愛に満ちているのは従業員に対してだけでなく、木材市場を運営する上で必要不可欠な森林の保護についても同様であると言えるでしょう。出口王仁三郎は宗教家であり、人々を説得することができるカリスマ性があります。植樹や植林を積極的に行うことができるように、人々の意識改革を推進していく可能性が高いです。従業員に対する不当な扱いについては、厳しい対応を徹底していくでしょう。具体的には、抜き打ちで監査人を企業に送り込んで、企業の運営の健全性などをチェックする可能性も考えられます。他には、不正な森林の伐採が無いかを徹底的に検査していきます。森林の伐採を推進しすぎてしまうと、日本の多くの地域で土砂災害などが発生する危険性があるからです。自分だけが得をすれば良いという考えをしている企業に対しても、厳格な態度で接していきます。木材市場では人材の引き抜きや取り合いなどが相次いで発生しています。特に若手の学生を大量に採用して、故障者になってしまった場合は即時雇用契約を解除するなどの悪質な運営を行っている企業に対しては、厳しい処罰を徹底していくはずです。