もしもアルボムッレ・スマナサーラが木材市場を運営したら・・・

アルボムッレ・スマナサーラはスリランカ出身の仏教徒です。これまでのいくつかの本を出版することで人々の心に安らぎを与え続けていました。そんなアルボムッレ・スマナサーラが木材市場を運営することになった場合は、慈悲のある心によって利益至上主義を掲げる、市場そのものの価値観を大きく変える可能性があるでしょう。特に最近の木材市場では人材の確保に問題を抱えており、採用しても数年で解雇処分に鳴ってしまったり、過酷な現場によって体を壊してしまう可能性があります。そこでアルボムッレ・スマナサーラは、この過酷な状況を根本的に解決することを提案するでしょう。例えば、焼畑農業のように若手の従業員を雇って木材市場を運営するのではなく、作業員の負担を軽減させる新しい技術を搭載した作業服や、工作機械に加えロボットを導入します。アルボムッレ・スマナサーラは原始的な考え方を持っていると思われがちですが、考え方や行動はとても科学的で、精神論ではなく客観的に物事を良い方向に向かわせるようにしている特徴があります。そのため、人的資源の問題を中心に木材市場の適切な運営を行います。安定した市場の運営ができるようになった後は、市場の安定化と収益至上主義を掲げる会社組織に何らかの罰を与える可能性があるでしょう。例えば、従業員を手荒に扱って適切な給与を与えず、体を壊すなどして働くことができなくなった社員を解雇するなどがあります。アルボムッレ・スマナサーラはこのような一方的に利益を収奪する、木材市場全体を悪化させる経営者に対して厳しい罰を与える可能性が高いです。そうしなければ市場全体の低コスト化が進み、環境は破壊され、必要以上に木材が伐採される負の悪循環に鳴ってしまうからです。アルボムッレ・スマナサーラはこの市場の利益至上主義を破壊して、すべての人が得をする市場を開拓していきます。もちろん森林の保護にも積極的に運動を行っていくはずです。

 

トップへ戻る