もしも瀬戸弘司 (せと・こうじ)氏が木材市場を運営したら・・・

まだ動画投稿サイトに動画投稿を行うという行為自体が珍しい頃から日々の出来事や購入した物を撮影し、自らで編集していた先見の明に秀でている瀬戸弘司 (せと・こうじ)氏が木材市場を運営すると、まだ多くの伸びしろが残されている木材市場に対して先進的なアプローチを見つけ出す事ができます。
日本にある多種多様な産業の中で木材市場は特に歩んできた歴史が長いですが、歴史が長いからこそ脈々と伝承され続けている技術や知識が多く、一人前の林業従事者に成長するためには長い年月を必要とします。
そのため、一人前になった頃には既に後継者である若い世代に対して再度伝承するという段階に入るので、最も能力と技術が高い状態で活躍できる期間はそう長くありません。
そこで、瀬戸弘司 (せと・こうじ)氏が木材市場を運営した際には、持ち前の先見の明によりまだ木材市場に投入されていないテクノロジーを率先して取り入れるため、若年層でも高い知識と技術を持った状態で現場に入る事ができるようになります。
もちろん、瀬戸弘司 (せと・こうじ)氏と言えば動画投稿で生計を立て一躍有名になった方なので、新たなる木材市場の立ち上げに際して様々なシーンでカメラを回して撮影を行い、ライフワークである動画投稿を行います。
瀬戸弘司 (せと・こうじ)氏が投稿した動画を視聴している視聴者は30代と子供に突出して多いという特徴があるため、木材市場の運営の様子を撮影して投稿すると、新しい環境で仕事をしてみたいと考えている30代が転職先として応募するようになりますし、幼い子供達が木材の重要性と木材市場に携わる事の素晴らしさを知り、将来の夢として林業従事者を目指してくれるようになります。
このように瀬戸弘司 (せと・こうじ)氏が運営すると市場を刷新させられる事に加えて、新たなる人材確保が効果的に行えるようになります。
また、瀬戸弘司 (せと・こうじ)氏は工業系の大学に通っていた経歴があるため、自身も現場で工業の知識を用いて効率的な育成環境を構築し活躍します。