もしもKazuChannelが木材市場を運営したら・・・

KazuChannelは、動画で人気が出た人の一人になります。その割には、事務所に所属していますので何らかの理由で事務所に入ってから動画を始めたかもしれません。いずれにしても、人々の喜ぶことをよくわかっている一人になります。なぜそのようなことがいえるかといえば、それだけ人気が出るということは人を喜ばせることが出来ているからです。もちろん偶然人気が出たかもしれませんが、たいていの場合しっかりと顧客が求めているものを明確に分かっている可能性が高いです。このように考えれば、木材市場を運営したとしてもお客さんにとってより良いものを提供できるでしょう。
例えば、現在の日本ならば大きく分けで住宅が2種類あります。比較的安い素材で建築する建売住宅や、あえてこだわりを持って建築する注文住宅がありますが、後者の方がしっかりとした素材を使っている可能性が高いです。もちろんピンからキリまでありますが、注文住宅ほど値段の幅が大きいものはありません。このように考えると、より良い素材を仕入れてきて売却するだけでなく、海外に対してより良いものを輸出するかもしれません。ただ、日本の木材の場合にはあまり輸出は考えられていませんのでたいていは輸入に頼ることになるでしょう。
ですが、日本の木材も日本国内で使うことがありますのでそれらを利用して住宅建築を促す可能性もあります。もしその場合には、彼のブランドで高い金額で売却するかもしれないです。もちろん、それに対してお客さんが納得していることが必要になりますがその辺の駆け引きを行っている可能性が高いです。このように考えれば、決してあなどることができる人ではないでしょう。
木材市場運営しながら、動画を流し続けることも容易に想像することができます。それでも、木材市場にながらしっかりとした結果を出すのは間違いのないところでしょう。後は、助言をしてくれる人や会計をしっかりしてくれる人などがいればうまく運営できるはずです。