もしもSummit(スーパーコンピュータ)が木材市場を運営したら・・・

スーパーコンピュータのSummitが木材市場を運営することになった場合は、持ち前の計算技術を使用した高効率な植樹を行うことができるようになるでしょう。特に最近では人工知能のソフトウェアが発達しており、ハードウェアの性能が高ければ、複雑な計算であっても難なくこなすことができるのです。特に最近木材市場で問題に鳴っている、人的資源の確保についても解決策を導き出すことはできるでしょう。高性能なコンピューターであるSummitであれば、人間の予想につかない方法を実施して問題を解決することが可能です。しかし、人工知能にも欠点があります。非常に複雑な計算を行っているので間違った答えを導き出したとしても、再計算したり保守作業を行ったりすることができないのです。木材市場では危険を伴う現場もいくつかあります。コンピュータのミスによって人命が失われている危険も考えられるので、なるべく安全性の高い木材加工の現場で徴用される可能性があるでしょう。Summitが木材市場で販売されている加工品の木材家具やインテリアの画像を収集して、売れ行きの好調なデザインの製品や人間に使いやすいフォルムの家具を知ることによって、高性能な商品を販売することができるようになります。結果的にSummitが木材市場を運営した暁には、市場で販売されているすべての商品のデータを収集して、一番売れる製品を量産することができるだけでなく、人間に使いやすい物を自動的に販売することができるようになるのです。もちろん、この木材加工の現場で売上の向上に貢献することができれば、木材市場全体の活性化も期待できますし、マスメディアが注目すれば更に収益を向上させることができます。ただし、コンピュータも高度なプログラムであればミスをしてしまうものなので、人命に関わる木材市場の現場には採用されない可能性が高いでしょう。コンピュータの全自動の作業によって、人手不足の解消は難しいです。

 

トップへ戻る